介護サービスを賢く利用する

取消訴訟とは何かについて

行政法の分野の中の取消訴訟について今回話題に挙げたいと思います。
取消訴訟とは処分の取消しの訴えと裁決の取消しの訴えの総称の事です。
取消訴訟は行政事件訴訟の中で中心的な地位を占める訴訟形式です。
取消訴訟が提起された場合には裁判所はまず提起された訴えが訴訟要件を備えているかどうかを職権で審査します。
訴訟要件を欠く場合には訴えは不適法なものとして却下されます。
却下とは門前払いの事で、裁判所は訴えの中身の当否を審理しません。
取消訴訟の訴訟要件には以下のような事柄があります。
訴訟の対象となる行政行為が処分性を有していること、原告に訴えの利益があること、被告に被告適格があること、管轄を有する裁判所に訴えが提起されていること、出訴期間内であること、審査請求前置の場合は、これが満たされていることなどがあります。
行政書士の試験は行政法の分野からの出題もあります。
取消訴訟についても是非知っておいてください。